匠の技は指輪の奥深くで花開きます。大量生産とは対極にある、まるで工芸品を作り上げるような指輪づくり。
途方も無い時間をかけて、長い修業が必要な職人技を惜し気もなくつぎ込みます。
人の手から生まれる温もりと、機械では作ることのできない精緻な品質。
磨き上げられたクラフトマンシップが、指輪に命を吹き込みます。

縄文の古くから私達の身の回りを彩り、人の絆と神聖さを象徴してきた縄。
プラチナや金を熱しては引き伸ばし、熱しては引き伸ばし、数えきれないほど幾度も繰り返すことで、貴金属はしなやかな糸に形を変えます。この糸はクラフトマンの手で丁寧に撚り合わせられ、豊かな輝きを放つ貴金属の縄に生まれ変わります。
型による大量生産ができないため、現在ではほとんど見られなくなってしまったこの技。一流のクラフトマンよって作られた縄は繋ぎ目すら見つけられず、金属の奥底から湧き出るような躍動感を湛えます。
ふたりを結ぶロープとして、また災厄を退ける注連縄(しめなわ)として、丁寧に編まれた縄が強く輝きます。
この世で最も尊い縄が、絆をいっそう強くすることを願って。
指輪にとって大切なのは、美しさや強さだけではありません。婚約指輪や結婚指輪は、繊細な感覚をもつ指で一生を共にするものだからこそ、着け心地の良さを欠かすことはできません。
MIORINGの指輪は全て、肌に触れる内側に「内甲丸(うちこうまる)」仕上げを施しています。内甲丸仕上げとは、指のつけ根のカーブに合わせて指輪内側を研磨する技で、指に合わせたアーチ状になったリングは、吸い付くようなつけ心地に仕上がります。
幅や形状の違う指輪を指に合わせて研磨する作業は、もちろん職人による手作業です。これまで指輪をつけ慣れていない方も、フィット感が高い指輪は慣れるまでの違和感が少なくなります。また、デザイン性を重視した幅広のリングでも、心地よい着け心地を実現します。
どんなときも着用したくなる、オートクチュールのような仕上げです。
漆器として高級家具や食器、工芸品に使われてきた漆。樹木から生まれた上品な艶と強靭さは格別で、古くから私達の心を惹きつけてきました。
取り扱いが困難で、漆を扱う職人になるには厳しい修行が必要な素材。そんな漆を金属とひとつにするために特別な技を使い、さらに塗りと乾燥とを幾度も繰り返します。
時間と手間を惜しまずに塗り重ねることで、数十年という期間での着用や入浴にも耐える強さを手に入れ、名前の由来「麗(うるわ)し」にふさわしい美麗な光沢を浮かべます。
指を鮮やかに彩る色彩と、艶の魅力をお楽しみください。
光を受けた水面のようにゆらめく輝き。古くから刀剣や武具、生活用品に使用されてきた槌目模様は、鮮やかなきらめきと素朴な印象の二つの顔をもっています。
MIORINGの槌目模様は、シャープな凹凸感と豊かな光沢を求め、一面一面手間をかけて原型を削り出して表現しています。
長年の使用による傷も、凹凸がムラ感を生むことで立体感のある味わいに変化します。
大らかさと、凛とした強さを秘めた魅力をお楽しみください。