永遠 - とわ

れい

黎

豊かに表情を変える赤銅の艶めき。
黒から茶へ、そしてまた黒へ。色を変えつづける赤銅が多彩な表情を見せます。
指をぐっと引き締め、いつ見ても新鮮な印象です。

静かな波の上、夜明けの空が穏やかに色を変える。漆黒を破って青から赤へ。
いつまでも変わらないものと、深く変わるもの。変わらない美しさと、変わりゆくことの美しさを感じて。

古都、平城京の歴史を見守ってきた正倉院に、「鏨(たがね)」という彫金工具で彫刻を施された数々の宝物が眠っています。現在では広く「和彫り」とも呼ばれるその彫金技法は、千年以上も昔から寺社仏閣や芸術品を彩り、現代まで脈々と受け継がれてきました。
小さな棒状の彫刻刀「鏨」を持ち、小槌でコツコツと叩きながら彫刻するその技は、叩いた数と同じだけの輝く面で金属面に華やかな模様を描きます。
MIORINGの鏨彫りは一本一本の細部に至るまで全て、江戸時代から系譜の続く「伝統工芸士」の手で丁寧に彫刻されます。
ブライダルリングの枠を超えた、ジュエリーとして、伝統工芸品として一流の彫刻リングがその指に輝きます。

現在では失われかけてしまった美しい金属素材「赤銅」。赤い銅と書いて「しゃくどう」と読む素材は、その美しさと強さから刀の鍔(つば)や根付(ねつけ)、簪(かんざし)などに使われてきました。
女性の美しい黒髪をあらわす「濡烏(ぬれがらす)」色の赤銅は、着用すると夜明け空のように少しずつ赤茶色に変わります。そして、放置するとまた黒色に戻ってゆく「色の変化」を見せる特別な素材です。
古い文献を紐解き、秘伝の配合と「煮上げ処理」の秘密を解き明かし、現在に蘇らせました。
夜が明け、また日が沈む。移り変わる四季に美しさを見出す、日本人の愛してきた「変わりゆくことの美しさ」を感じる特別な素材です。

スペック

れい

黎 写真

和彫り波唐草模様
赤銅黒色煮上げ
鍛造・鋳造統合製法

 

 

<素材>
  • Pt900ハード/赤銅
  • K18プレミアムホワイトゴールド/赤銅
  • K18ピンクゴールド/赤銅
  • K18イエローゴールド/赤銅

※素材は上記よりお選びいただけます

Pt900ハード/赤銅
¥205,200

 

 

<素材>
  • Pt900ハード/赤銅
  • K18プレミアムホワイトゴールド/赤銅
  • K18ピンクゴールド/赤銅
  • K18イエローゴールド/赤銅

※素材は上記よりお選びいただけます

K18ピンクゴールド/赤銅
¥172,800