桜薫 - はるか

らんまん

爛漫

優雅に舞う桜の彫刻と、さりげないコンビネーションカラー。
風に舞うたくさんの桜が指を包んで祝福します。
プラチナのラインが指輪全体を引き締め、優しいシルエットが指を柔和に見せます。

爛漫と咲きみだれる桜。あたらしい出発を祝う花は、ふたりを温かくつつむ。
見上げた空には、輝く未来へつづく虹が架かる。

古都、平城京の歴史を見守ってきた正倉院に、「鏨(たがね)」という彫金工具で彫刻を施された数々の宝物が眠っています。現在では広く「和彫り」とも呼ばれるその彫金技法は、千年以上も昔から寺社仏閣や芸術品を彩り、現代まで脈々と受け継がれてきました。
小さな棒状の彫刻刀「鏨」を持ち、小槌でコツコツと叩きながら彫刻するその技は、叩いた数と同じだけの輝く面で金属面に華やかな模様を描きます。
MIORINGの鏨彫りは一本一本の細部に至るまで全て、江戸時代から系譜の続く「伝統工芸士」の手で丁寧に彫刻されます。
ブライダルリングの枠を超えた、ジュエリーとして、伝統工芸品として一流の彫刻リングがその指に輝きます。

春の空にむかって咲き誇る桜。純潔を思わせる白い花は次第に淡く色づき、花嫁の頬のようなピンク色に変わります。
MIORINGの求めた理想の素材は、イエローゴールドよりもやさしく、ピンクゴールドよりもほのかで、プラチナよりも温かい桜色のプレシャスメタル。そして、どんなシーンでも自然に身につけられる、奥ゆかしい輝きをもつ素材です。
国際基準の18金純度でありながら、白金(プラチナ)族の希少貴金属を使用して緻密に配合した素材は、炎の中で熔けて桜ゴールドとして命を授かります。
少量ずつしか生成できない桜ゴールドは、日本刀づくりのような「鍛造(たんぞう)製法」でしか加工することができません。クラフトマンは「指との一体感」を時間をかけて追い求め、真っ赤に燃える金属を鍛え、削り上げてリングを作ります。繊細な曲線の美しさと硬さ、強い輝きは、鍛造でしか加工できない桜ゴールドが持って生まれた宿命です。
「美しくしなやかに、強く。」私達の奥深くにある想いを象徴する、特別な素材です。

スペック

らんまん

爛漫 写真

和彫り桜爛漫模様
彫り留め
鍛造・鋳造統合製法

ワイド

 

<素材>
  • Pt900ハード/K18桜ゴールド
  • K18プレミアムホワイトゴールド/K18桜ゴールド

※素材は上記よりお選びいただけます

Pt900ハード/K18桜ゴールド
¥194,400

ナロー

ダイアモンド1石 0.02ct

<素材>
  • Pt900ハード/K18桜ゴールド
  • K18プレミアムホワイトゴールド/K18桜ゴールド

※素材は上記よりお選びいただけます

Pt900ハード/K18桜ゴールド
¥203,040