桜薫 - はるか

はなしずく

花雫

大粒ダイアモンドの豊かなきらめき。
強く輝くダイアモンドを、爪を使わないベゼルセッティングでセットしました。
澄んだ雫が指にはじけるような、華やかで優しい印象のダイアモンドマリッジリングです。

はじまりの季節、桜にとまる朝露はあたらしく生まれた命のよう。
それはいつまでも瑞々しく、ふたりを潤す光。

指輪にとって大切なのは、美しさや強さだけではありません。婚約指輪や結婚指輪は、繊細な感覚をもつ指で一生を共にするものだからこそ、着け心地の良さを欠かすことはできません。
MIORINGの指輪は全て、肌に触れる内側に「内甲丸(うちこうまる)」仕上げを施しています。内甲丸仕上げとは、指のつけ根のカーブに合わせて指輪内側を研磨する技で、指に合わせたアーチ状になったリングは、吸い付くようなつけ心地に仕上がります。
幅や形状の違う指輪を指に合わせて研磨する作業は、もちろん職人による手作業です。これまで指輪をつけ慣れていない方も、フィット感が高い指輪は慣れるまでの違和感が少なくなります。また、デザイン性を重視した幅広のリングでも、心地よい着け心地を実現します。

春の空にむかって咲き誇る桜。純潔を思わせる白い花は次第に淡く色づき、花嫁の頬のようなピンク色に変わります。
MIORINGの求めた理想の素材は、イエローゴールドよりもやさしく、ピンクゴールドよりもほのかで、プラチナよりも温かい桜色のプレシャスメタル。そして、どんなシーンでも自然に身につけられる、奥ゆかしい輝きをもつ素材です。
国際基準の18金純度でありながら、白金(プラチナ)族の希少貴金属を使用して緻密に配合した素材は、炎の中で熔けて桜ゴールドとして命を授かります。
少量ずつしか生成できない桜ゴールドは、日本刀づくりのような「鍛造(たんぞう)製法」でしか加工することができません。クラフトマンは「指との一体感」を時間をかけて追い求め、真っ赤に燃える金属を鍛え、削り上げてリングを作ります。繊細な曲線の美しさと硬さ、強い輝きは、鍛造でしか加工できない桜ゴールドが持って生まれた宿命です。
「美しくしなやかに、強く。」私達の奥深くにある想いを象徴する、特別な素材です。

スペック

はなしずく

花雫 写真

鍛造・鋳造統合製法

ワイド

ブラックダイアモンド1石 0.01ct

<素材>
  • Pt900ハード/K18桜ゴールド
  • K18プレミアムホワイトゴールド/K18桜ゴールド

※素材は上記よりお選びいただけます

Pt900ハード/K18桜ゴールド
¥183,600

ナロー

ダイアモンド10石 0.2ct

<素材>
  • Pt900ハード/K18桜ゴールド
  • K18プレミアムホワイトゴールド/K18桜ゴールド

※素材は上記よりお選びいただけます

Pt900ハード/K18桜ゴールド
¥243,000