桜薫 - はるか

べにいと

紅糸

みずみずしく奥深い、赤漆・黒漆の艶めき。
桜ゴールドの輝きと艶やかな漆が一つになります。
華やかで奥ゆかしい祝いの色が、ふたりの新しい出発を彩ります。

取りあった手を夕日が染めてゆく。
あかね色の光は、これからの日々をあたたかく照らす、ふたりを結ぶ赤い糸。

漆器として高級家具や食器、工芸品に使われてきた漆。樹木から生まれた上品な艶と強靭さは格別で、古くから私達の心を惹きつけてきました。
取り扱いが困難で、漆を扱う職人になるには厳しい修行が必要な素材。そんな漆を金属とひとつにするために特別な技を使い、さらに塗りと乾燥とを幾度も繰り返します。
時間と手間を惜しまずに塗り重ねることで、数十年という期間での着用や入浴にも耐える強さを手に入れ、名前の由来「麗(うるわ)し」にふさわしい美麗な光沢を浮かべます。
指を鮮やかに彩る色彩と、艶の魅力をお楽しみください。

春の空にむかって咲き誇る桜。純潔を思わせる白い花は次第に淡く色づき、花嫁の頬のようなピンク色に変わります。
MIORINGの求めた理想の素材は、イエローゴールドよりもやさしく、ピンクゴールドよりもほのかで、プラチナよりも温かい桜色のプレシャスメタル。そして、どんなシーンでも自然に身につけられる、奥ゆかしい輝きをもつ素材です。
国際基準の18金純度でありながら、白金(プラチナ)族の希少貴金属を使用して緻密に配合した素材は、炎の中で熔けて桜ゴールドとして命を授かります。
少量ずつしか生成できない桜ゴールドは、日本刀づくりのような「鍛造(たんぞう)製法」でしか加工することができません。クラフトマンは「指との一体感」を時間をかけて追い求め、真っ赤に燃える金属を鍛え、削り上げてリングを作ります。繊細な曲線の美しさと硬さ、強い輝きは、鍛造でしか加工できない桜ゴールドが持って生まれた宿命です。
「美しくしなやかに、強く。」私達の奥深くにある想いを象徴する、特別な素材です。

スペック

べにいと

紅糸 写真

漆塗り
鍛造製法

ワイド

ブラックダイアモンド1石 0.02ct

<素材>
  • Pt900ハード
  • K18プレミアムホワイトゴールド
  • K18桜ゴールド
  • K18ピンクゴールド
  • K18イエローゴールド
  • K18萌黄金
<漆>
  • 黒漆
  • 赤漆
  • 青漆

※素材は上記よりお選びいただけます

K18桜ゴールド、黒漆(くろうるし)
¥120,960

ナロー

ダイアモンド1石 0.01ct

<素材>
  • Pt900ハード
  • K18プレミアムホワイトゴールド
  • K18桜ゴールド
  • K18ピンクゴールド
  • K18イエローゴールド
  • K18萌黄金
  • <漆>
  • 黒漆
  • 赤漆
  • 青漆

※素材は上記よりお選びいただけます

K18桜ゴールド、赤漆(あかうるし)
¥102,600